ドラゴンボール

  • by

ドラゴンボールは世界で最も人気のある漫画、アニメの一つです。 1984年から1995年まで週刊少年ジャンプに連載され、漫画、アニメに限らず映画、テレビゲーム でも大人気の作品で、ワンピース、Naruto、ブリーチ、鬼滅の刃などの漫画はドラゴンボールがな ければ存在しなかったかも知れません。

その人気の理由は少年ジャンプの3大テーマとなっている 友情、努力、勝利の3つに忠実に沿っていることが理由の一つとして考えられます。勝利の感覚も体験したいなら、NetBet にアクセスしてみませんか?

少年ジャンプの読者のほとんどは男性のトゥイーンとティーンです。 漫画の主人公と彼らの試練と成果は、若い男の子を反映しています。 これらのヒーローは彼らのロールモデルです。 そして、少年ジャンプは今でも日本の漫画雑誌の中で最も売れているので、その内容がまだ読者に関連していることを示しています。

ここからはそれらを一つずつ見てみましょう。 「友情」ドラゴンボールは大きく幼少期、サイヤ人編、フリーザ編、セル編、魔人ブウ編の5パー トに分けられます。

主人公、孫悟空の旅はブルマという女性と出会ったことから始まります。 その後もヤムチャ、天津飯、クリリン、ピッコロ大魔王というキャラクターと最初は敵として戦う ものの その戦いを通じてお互いをライバルとして認め、やがて友人として関係が強くなっていきます。 サイヤ人編、フリーザ編以降悟空の敵がこれまでより強力かつ邪悪な敵と対することになります。 これ以降はピッコロ大魔王が悟空の息子である悟飯を庇って命を失う、最後まで悟空を認めず最 大のライバルであったベジータが魔人ブウと戦う悟空を認め“お前がナンバー1“だと認めるシーン は全作品を通してベストシーンと評されます。

「努力」悟空は地球では最強の戦士ですがサイヤ人という戦闘民族の中では落ちこぼれとして扱 われています。 その悟空はサイヤ人編以降何度も戦いに敗れ(時には命を失うことも)ながらも、亀仙人、界王神と いった師匠達と修行を行い、新しい技を身につけます。 また、空気が地上の1/4、重力が地球の10倍、気温が-40度~50度と過酷な環境に加え、時間が外 界の360倍の速さで進む(外界の1日が精神の時の部屋では360日)精神と時の部屋という設定も登場 し、強敵が現れるとキャラクターはそこに篭り、自らを高めます。

「勝利」ドラゴンボールの戦いは必ず悟空側が勝利を収めます。 ドラゴンボールの魅力はただ単純に後味が良く終わるだけでなく、 一度悟空が敗れたり、仲間を殺される→修行を行う→仲間と力を合わせて勝利を行うという過程 を描いている部分がそれまでの漫画には無かった部分かも知れません。

連載から40年近く経った現在でもドラゴンボールが少年漫画の金字塔となり得ているのは 衝突を乗り越え、時には別れを伴う友情の美しさどんな強敵でも血を滲む努力をすることで乗り越えられる努力の美しさ そしてその先には勝利があるという悟空に自分を映しているのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です